使えるアプリと英単語

使えるアプリと英語の情報をお届けするブログです。

「対応する」は英語で何と言う? 英単語の使い分けがコツ!【ビジネス英語】

スポンサーリンク

日本語の「対応する」という単語は、ビジネスでは実に幅広い意味で使われています。英語には、その幅広さを1対1で対応できる単語はありません。

そのため、英語に訳す時は、どういう意味で「対応する」と使っているのかを考えて適切な英単語を選ばないと、おかしな英文になってしまいます。

問題に対応する:address

「問題や課題に対応する」という意味で「対応する」と使う時は、addressを使うとよいでしょう。

address :
if you address a problem, you start trying to solve it (address a problem / question / issue etc)
(以下、注がない場合以外は、ロングマン現代英英辞典より)

問題解決のための試みを始めること(結果には特に触れられていない)

問題・課題、ニーズ・需要、市場・傾向、要件、懸念・懸案、可能性、脅威などに対応する、という文脈で使うことができます。

ニーズ・需要に対応する:address, meet

「ニーズや需要に対応する」という意味には、上記のaddressの他に、meetも使えます。

meet:
to do something that someone wants, needs, or expects you to do or be as good as they need, expect etc (meet a need / demand / requirement / condition etc)

要求・必要・期待された物事や状態になるように行動すること

難しい・好ましくない問題に対応して解決した:cope with

「難しい・好ましくない問題に対応して解決した」という意味には、cope withを使うとよいでしょう。

cope with :
to succeed in dealing with a difficult problem or situation

難しい問題や事態への対応に成功すること

仕事や作業に対応する:handle, deal with, take care of

上司から「この作業、だれか対応してくれる?」と聞かれた場合の「対応」は、「扱う」や「対処」に近い意味です。

「対応」と「対処」の違い

その前に「デイリーコンサイス国語辞典」で、日本語の「対応」と「対処」の意味の違いを確認しておきましょう。

対応:状況に応じて行動すること。
対処:事に応じて処理すること。

さらに、「行動」と「処理」の意味も確認しておきましょう。

行動:目的をもって体を動かすこと。
処理:物事を始末すること。

「対処」に近い「対応」

「仕事や作業に対応する」という文脈で使う時の「対応」は、「対処」「扱う」に近い意味あいで使っています。
そのため、handledeal withtake care ofを使うとよいでしょう。

handle :
to do the things that are necessary to complete a job

仕事を終わらせるために必要な物事を行うこと

さらに、「ロングマンビジネス英語実用英英辞典」によると、こんな意味もあります。

to deal with a difficult situation or problem
難しい事態や問題を扱うこと

to deal with a particular client or product
特定の顧客や製品を扱うこと

if you handle a particular job, you are responsible for doing it
特定の仕事を行うことに責任を持つこと


handleとdeal withは、同じような意味です。

deal with :
to take the necessary action, especially in order to solve a problem

特に、問題を解決するために、必要な行動を取ること


take care ofは、学校英語では「世話をする」という印象が強いですが、下のような意味もあり、幅広く使えるイディオムです。

take care of :
to deal with all the necessary work, arrangements etc

全ての必要な作業や手配を処理する

来客に対応する:take care of

「来客に対応する」という意味にも、上記のtake care ofが使えます。

take care of :
to look after someone or something

人や物の世話をすること

電話やメールに対応する:respond to

「顧客からやクレームなどの電話・メールに対応する」という意味には、respond toを使うとよいでしょう。

respond to :
to do something as a reaction to something that has been said or done

言われたことやなされたことに反応して、何かを行うこと

ある日時に対応できる:available

「その日は私が対応できます」などの文脈には、availableを使うとよいでしょう。

available :
someone who is available is not busy and has enough time to talk to you

忙しくなく、話をする時間があること

法律に対応する:comply with

「法律や規程に対応する」という意味には、comply withを使うとよいでしょう。
comply withは「順守(遵守)する」という訳語がよくあてられ、「ロングマンビジネス英語実用英英辞典」によると、こんな意味があります。

comply with :
to obey a law or rule, or to keep an agreement

法に従うこと(=そのための行動を取ること)

AはBに対応している:correspond to

ここまでずっと「状況に応じて行動すること」という意味での「対応」の英訳を見てきましたが、「一定の関係にあること」という意味での「対応」の英訳を見てみましょう。

和英辞書で「対応する」を調べると最初に出てくる"correspond to"は、「一定の関係にあること」という意味です。
例えば、「このライセンスに対応するシリアル番号」などといった文章で使われます。

このような意味には、correspond toを使うとよいでしょう。

correspond to :
if two things or ideas correspond, the parts or information in one relate to the parts or information in the other

片方の部分や情報が、もう片方と関係すること

AはBと互換性がある:compatible with

上記と似ていますが、「このソフトは、Macにも対応している」など、「AはBへの互換性がある」という意味には、compatible withを使うとよいでしょう。

compatible with :
if two pieces of computer equipment of software are compatible, they can be used together, especially when they are made by different companies

2つのコンピューター機器やソフト、特に違う会社で製造されたものが、一緒に使うことができること(=互換性がある)


ひとことで「対応する」と言っても、上記のように様々な意味が込められています。
英訳するときは、どんな意味で「対応する」と言っているのかを考えて、英単語を使い分けましょう。

usefulenglish.hateblo.jp